ハンディバルク
  handy_bulk

昨夕神戸港から送った荷物が届いちゃったなう。ダンボール6箱とスーツケース。これで極寒から常夏まで3ヶ月生活出来たのだから、家にある物はすべてイラナイってことだな・・・
新横浜なう。あーあ、段々現実の世界が近付いて来る…。超ブルー
それにしても、新幹線の車窓から見える景色は整然としてきれい。17カ国を歴訪しあらためて日本は素晴らしい国だと思う
今日もいい天気で気持ちの良いクルーズ日和だった。横浜から神戸は乗らなきゃ損!だと思った。あー、楽しかった。クルーのみんなに感謝 http://twitpic.com/5qeuxd
これからしばらくは虚脱状態だな。本当に楽しい経験だった。今回は乗客が400名ちょっとと極端に少なかったので、とても居心地が良かったもよう
神戸港で100日以上を過ごした第二の我が家、飛鳥2を後にする。クルーとの別れが寂しくて目が潤んじゃった http://twitpic.com/5qes3h
のぞみなう、もちろんN700。夫が奮発してグリーン車にしたのは嬉しいけど、普通車との差額は海彦のしゃぶしゃぶの方が良かった…
予定より早く14時半に着岸。税関審査準備があったので9階の我々は16時頃下船のコールがかかる。新神戸にて「のぞみ」待ち中
着いた
あっ「おれんじ8」 http://twitpic.com/5qc3pr
船首でいつものようにワッチ。昨日よりは涼しいかも。前からの風があるからかな
真正面に神戸港が見え、携帯の圏内に入った。明石海峡大橋も良く見えている。日本だなあ
しかしそれにしても久しぶりの日本は暑かった。快適な船内から節電地獄の東京で生活していけるのだろうか。適応する自信ない
本船が入港すると同時ににっぽん丸がチャータークルーズに出港。 あの船はジョギング出来たらいいのになあ http://twitpic.com/5pwbpz
横浜大桟橋は暑い中沢山の出迎えが。でも本当に暑かった http://twitpic.com/5pwb6z
今晩は最後の夜を楽しもう。3ヵ月前に横浜を出港し、また横浜を出港するのは不思議な気分。楽し過ぎるクルーズだった
予定より少しだけ早く横浜港到着。出港時と異なり、歓迎セレモニーがあってにぎやかだった
あと5マイルぐらいで浦賀水道らしい
あー、東京湾なう
こういう優雅な朝食もしばらく食べられないなぁ・・・。寂しい http://twitpic.com/5pbrvl
本日が最後の終日航海日。朝8時50分の船長からの航海情報も最終回。今回のクルーズは歴代の世界一周で最長だったとのこと。日本はもうすぐそこ http://twitpic.com/5pbqjq
7月12日は最後のフォーマルナイト。夕食前に船長主催のフェアウェル・パーティー http://twitpic.com/5pbpy8
クルーだけでなく、オフィサー達の出し物があったのが日本船の凄いところ。機関長の見事なワルツは必見 http://twitpic.com/5ot0gf
このクルーズも残すところあと数日となった7月11日の夜はクルーショー。各部門のクルー達が見事なダンスを披露してくれた http://twitpic.com/5oszy8
10日夕刻はプールサイドがビアガーデンに。引き波の音を聞きながら、スピーカーからは70年代後半の音楽が。チューリップとか世良公則とか懐かしー http://twitpic.com/5oszg7
日付変更線を越え、時差は日本に2時間先行。10時から本航海最後のブリッジ見学。残念ながら雨で視界はいまいちだったけれど、予報によればこの後あまり海が荒れることはないだろうとのこと http://twitpic.com/5ns1rk
その夜、ついに夜のダンス会場へ繰り出す。夕食のワイン1本の力を借りて、先生とワルツを習った通りに踊り切る。ヤター http://twitpic.com/5ns148
7月8日午後、餅つき大会。日本に近づいたので和風の催しとのこと。炎天下の太平洋上での餅つきは楽しかったけどやはり暑かった http://twitpic.com/5nrzv0
19時前に当直航海士からの放送で本船の後方に虹が出ていると。急いで見に行くとかなり円に近い立派な大きな虹が。久々の雄美な自然現象、クルーズ終盤にいい物を見ることが出来た http://twitpic.com/5mohwd
昼間に下船キットが配られてかなり寂しい気分になったけれど、夫が「神戸まで乗ろう」と下船地を変更することに。何でもワールドクルーズのみ神戸までは追加料金なしで乗れるとのこと。ヤッター!!! http://twitpic.com/5mohdr
7月6日、ティータイムに本航海二度目のフルーツビュッフェ。今回はデッキではなく5Fのアスカプラザにて。マンゴー絶品。この後おかわりしてほぼ1コ分を完食 http://twitpic.com/5moglz
17時半少し過ぎに帰船。ホノルルには二泊ぐらいして欲しい!と思った。これですべての寄港地が終わり、本船は横浜に戻るのみ。さみしい…
16時に帰船し、荷物を置いたらまた下船しメキシカンなう http://twitpic.com/5lutyb
ワイキキトロリーのピンク線はJCBがスポンサーなので、クレジットカードを見せればタダで乗車できる優れもの
ワイキキDFSでオーデコロン、シェラトンのモールでウクレレ初心者キットを買ったあとワイキキトロリーでアラモアナモールに移動
朝一番にジョギングし、シャワー・朝食後、10時のシャトルに乗車。いざワイキキへ!
まあ、花火は打ち上げ位置によってはフネから直接見えなかったろうから見えたのはラッキーだったなー
とりあえずはまずシャトルでDFSに行き、すぐ隣にあった牛角へ。19時のシャトルで戻るとフネの子供達のフラショーの途中に滑り込み。風呂上がりに花火もバッチリ見えて目標達成。あー面白かった
ホノルル到着が15時、最初のシャトルが16時と遅めだったので、焼肉・本船内のフラショー・独立記念日の花火のどれをメインに据えるかかなり悩む。アラモアナビーチパークで上がる花火は飛鳥2から見えないらしいとの噂もあって更に悩む
本日の最終シャトルは19時。無事ゲットし本船に戻ることに。焼肉はハッピーアワー効果で二人でチップ込み44ドル。円高万歳
〆のカルビクッパ http://twitpic.com/5lfagi
一番搾り2杯目。焼肉で久々に味の濃い肉を堪能 http://twitpic.com/5lf19d
牛角なう http://twitpic.com/5lezt6
ハワイ島からホノルルへは13時過ぎにはハナウマ湾近くからダイヤモンドヘッドを回って、しずしずとワイキキ前を通過。アロハタワーの立つホノルル港には予定より気持ち早く着岸
最後の寄港地、ホノルルに到着。ヒロとは異なる趣、わくわく
最後にビッグアイランドキャンディーズに寄って観光ツアー終了。ガイドの日系人のおばさまのトークが炸裂して面白かった。ヒロにはある立派な岸壁が何故コナにないのか等ためになることも。サトウキビの輸出用か、なるほどねー
ヒロにあるカメハメハ大王 http://twitpic.com/5kvn3m
次にレインボー滝。グアムのタロフォフォ滝と似てるような。名前の由来である虹は見えるとしたら午前11時頃らしい
午後は滝めぐりツアーでまずアカカ滝へ。120メートルはなかな かの迫力 http://twitpic.com/5kum17
ヒロの街までジョギングした。疲れた
入港ワッチに忙しく朝食食べそびれ。ビストロでデニッシュを http://twitpic.com/5kr2uq
無事着岸。小雨は上がって太陽が顔を出した
ヒロはやはり小雨。船を待つ回して右舷着岸する
ヒロ入港中 http://twitpic.com/5kqe4d
6月最後の日の夕食はダイニングのをスキップし、グリルへ。まだ在庫のあったサンフランシスコのビール「ANCHOR STEAM AMBER」とハンバーガーを http://twitpic.com/5jnehi
肌寒いサンフランシスコを出て丸2日走り、段々空気が暖かくなってきた。海の色が濃い青になるとなんだか嬉しくなってしまう。船内はハワイアンミュージックが流れ、ハワイ一色 http://twitpic.com/5jncps
携帯が古いのか、ネットの接続が遅い。イライラするので書き込み終了。あと15分でヒロに向けて出港。今頃になって明るくなってきた…
6月25日7時過ぎ、カボ・サン・ルーカス沖を通過。ここをまた客船で通れるとは。通過するだけなんて勿体ない、ちょっとだけでも錨泊してほしい http://twitpic.com/5idemj
前後するけど終日航海日のツイートを。6月24日、夏至直後に北緯20度位にいたので南中時にはほぼ真上の太陽だった筈。これは15時の影の写真 http://twitpic.com/5iddct
ケーブルカーなう http://twitpic.com/5ibe2k
ハッ。カニ食べ終わり親指の負傷に気付く。ペリカンの次は蟹か…
そう言えばアカプルコ出てからツイートしてなかった。昨日しようと思ったのに、エラーエラーでちっとも先に進めず。通信環境悪杉
うう、満腹。あー美味しかった
メインはダンジネス・クラブ http://twitpic.com/5ia3ll
ベイ・シュリンプカクテルとクラムチャウダー http://twitpic.com/5ia0s6
再度下船し、フィッシャーマンズ・ワーフにあるレストランなう。 雨は止む気配なし http://twitpic.com/5i9up3
ズクズクジョギング終了。久々に全身絞れるほど水浸しに。サンフランシスコでは珍しくない天気なのか、行き交うジョガーはみなビショビショ
降りだした…。これからジョギングへ。ふう
サンフランシスコ無事入港。入国審査も終わり、たった今上陸可能に。気温はひんやりと14℃。今にも雨が降り出しそう
テカテで乾杯。アディオス、メヒコ〜
そういえば海の色がいつの間にかエメラルドグリーンになってた http://twitpic.com/5ftxh3
結局ランチはビール2本ずつ飲んでUS18ドルと激安。vivaメキシコ
アカプルコ出港。メキシコはしばらく来ないかもな〜 http://twitpic.com/5ftu3k
無事帰船。暑かった。メキシコのビールはこの暑さに合わせて軽い飲み口なんだなーと納得。ランチでパシフィコの最初の一口の美味しかったこと!
メキシコは男女ともにもの凄く濃いのね〜
メキシカンランチ。スープとメインとトルティーヤとレモネードで 54ペソ。写真はビールについてきたナチョス http://twitpic.com/5frn2u
飛鳥2@アカブルコ。あつい http://twitpic.com/5fpml9
アカブルコ、中米パワー全開 http://twitpic.com/5fpexf
アカプルコ到着。うねりがあるため慎重な着岸作業だった。今日も暑くなりそう
6月22日はゲストシェフによるチャイニーズディナー。凝ったメニューですかさず「増量カード」をラフ(←習ったばかりのコントラクトブリッジ用語)。ふう。写真は東坡肉 http://twitpic.com/5fgcg9
明日はアカプルコか〜。コズメルで買ったハバネロチキン味のカップヌードルはテキーラによる二日酔いの夫には何よりの復活食だったもよう http://twitpic.com/5fgc2c
6月21日はメキシカンナイト。当初はプールサイドでデッキディナーの予定が、天候不良につき急遽会場を変更して行われた。屋外と船内では衣装も多少異なってくる・・・と少々おとなし目ながら大好評のメキシコ風コスチューム着用 http://twitpic.com/5fgb43
夜は大相撲飛鳥場所という催し。プール上に浮き土俵が作られ各部門の代表8名によりトーナメント戦。ラムネなども振舞われなかなか盛り上がった面白い企画だった http://twitpic.com/5erg57
6月20日夕刻イルカの群れに遭遇。ブリッジのオフィサーが見つけるとアナウンスしてくれるけれど、慌てて見に行ってもいなくなっていることが多い。今回たまたま二人でバルコニーにいる時に夫が見つけた http://twitpic.com/5erfbs
パナマ運河では商船三井が運航するプロダクトタンカーとコンテナ船が同行。本船の他には二引きのファンネルがいなかったのは残念 http://twitpic.com/5ere5y
パナマ湾なう。沖で運河通航の順番を待つ商船多数。本日のワッチこれにて終了
パナマ運河通航で消耗。疲れたけど楽しかった
太平洋の港町、バルボア。約10 時間でカリブ海から太平洋に突入 http://twitpic.com/5dzp56
ミラフローレスロックで順番待ちなう。もうすぐ太平洋かー…
左側はイースト・チャンバーだそう
左側のチャンバーに入るもよう http://twitpic.com/5dx1hd
ゲイラードカットを走り終え、間もなくがペドロミゲルロック。道中小さなワニを一匹見られた
コンテナ船を2ハイ交わして待機終了。動き出した
ガツンロックを出たところでしばらく待機するとのこと。朝ごはん食べなきゃ
3つめのチャンバーを出た。ふー、面白かった
3つ目のチャンバー中。となりのM Oのプロダクトタンカーは一足先にガツン湖へ http://twitpic.com/5dsqya
現在水位調整中。結構な速さで上にあがってる
パナマ運河なう。大西洋側のガツンロックの2つめのチャンバーに 突入、うしろはMO のコンテナ船 http://twitpic.com/5dsb1c
いよいよ次はパナマ運河。スエズは残念だったけどキール運河を通航出来て良かった。これからまた一週間終日航海。グアテマラって遠いね
間もなくコズメル出港。楽しかったー http://twitpic.com/5clhwb
汗をかいたので、船に戻ってもう一度シャワー。そして寛ぎながらコズメルの夜景。客船はイイ(・∀・)
飛鳥に戻ります。綺麗 http://twitpic.com/5cjww3
オアシス逆光 http://twitpic.com/5cj168
オアシス・オブ・ザシーズは18時に出港。今は飛鳥2の後ろを航行
ね、眠くなってキター
あーアハハ、いい気持ち
いやー、メヒコ最高!としぞう、今度は一緒に行こうね
チキンウィングス、ハニー味とハバネロ味。決して若くはないが、 こういうジャンキーな味に飢えていた! http://twitpic.com/5cinxc
フローズンマルガリータとフローズンストロベリーダイキリ。アハハ http://twitpic.com/5cijuv
飛鳥を見ながらメキシカンビール。ドス・エキスとスペリオル。ハ ッピーアワーで2本ずつ来た http://twitpic.com/5cidrz
スーパーマーケットでは地元のビール、テカテやパシフィコ、ソルを購入。ツマミに辛いポテトチップスやピーナッツを。物価安い。感じとしてはNYの半分、ベルゲンの3分の1
3時間半の散策を終えフネに戻ってティータイム中。中央市場やスーパーマーケットなど夫の万歩計で炎天下を1万6千歩。ハード
コズメルの海、綺麗過ぎる http://twitpic.com/5cf8fe
コズメルには本船の他、遠くの埠頭には世界最大のオアシス・オブ・ザ・シーズが先着してた。カーニバル・インスピレーションが遅れて着岸。オアシス、でか!
コズメル散策なう。あつい。飛鳥2が綺麗に輝いている。日本人と して誇らしい気分 http://twitpic.com/5ce76t
コズメル着岸。あつい http://twitpic.com/5ccy0u
ツアー客を降ろし終え、本船飛鳥2はコズメルへ。船内は人影が少なくなったけど、毎日と読売の衛星版が置いてあるパームコートはやや人口密度が高い
右舷に上陸用のテンダー。かなりの乗客がツアーに参加する模様 http://twitpic.com/5cbbbb
ということでサファイア・プリンセス以来のメキシコ。コズメル出港は22時と遅めなので夕食は陸の予定。気温は既に29度で蒸し暑い
メキシコのプラヤデルカルメン沖に到着しツアーの人達だけ地元の渡し船で上陸予定。パーサーから「ご上陸の準備が整いました」って放送があったけど、自由行動の我々は対岸のコズメルに着くまで下船出来ない
ナッソー出港。15時出港はいくらなんでも短か過ぎる中、フィンキャッスル砦、海賊博物館、ビーチでスイミング、コンク貝フライと地ビール調達。疲れたけど楽しかった
さらにカーニバル・センセーションとマジェスティー・オブ・ザ・ シーズ。客船6ハイ揃い踏み http://twitpic.com/5bgmmc
ナッソーなう。飛鳥の右にカーニバル・ファシネーションとファン タジー、、左はディズニー・ドリーム http://twitpic.com/5bgksi
月がとても綺麗に出た http://twitpic.com/5atx6v
日曜午後のダンスは「ワルツ」。もう随分前からやっている技、スローアェウイ・オーバー・スウェイに相変わらず悪戦苦闘。先生のようにカッコ良くならないけど、我々日本人には無理があるような… http://twitpic.com/5atwod
本日のビアタイムはマンハッタンで仕入れたMGD、ミラー・ジェニュイン・ドラフトを本船で購入したおつまみと共に http://twitpic.com/5atvoa
昨日のヤンキースの試合結果を念のため調べたら11−7。ひぇー、見てたら更に盛り上がっただろうなー。でも午前様になっていたろうから途中で帰って良かった(ことにしよう)
ほぼ20年ぶりのNYはやはり懐かしかった。徐々に土地勘を取り戻し、後半はかなり効率的に歩けるように…、って遅いよ。大都市はちゃんと予習する必要があることを痛感。あと、地図がすぐ手に入ると思ったら甘かった。欧州とは違う
午前中に空母イントレピッドから見た、飛鳥2とノーウェジアン・ジュエル。滅多に見られないツーショット http://twitpic.com/5aaa58
19時半に無事帰船。食事の後はピアに戻るまでの間に夫がローファー、私はハーシーのチョコとMGD6本(11ドル)を購入。出港まではあと1時間。濃いNY滞在だった。疲れたけれどとても楽しかった
本船の隣のピアに、朝NCLのノーウェジアン・ジュエルが着岸。夏のシーズン中はNYとフロリダ、バハマ間の定点クルーズ。大きな船だけど詰め込み感があるな
串揚げキター http://twitpic.com/5a865o
本日の出港は21時と遅め。折角だからと食事は陸で。空母の見学から5th散策と沢山歩いて疲れた
つくねなう@とんかつ屋@W55nd (5thと6thの間)濃い味に飢えて。この後串揚げカ ミング http://twitpic.com/5a7yc0
ジョギングはハドソン川沿いに20分程南下
朝一のハードなジョギングを終え、本船の隣のイントレピッド博物館へ。潜水艦を見学するため行列中。今日は昨日とうって変わり曇り空で肌寒い
明日も忙しい、寝なきゃ。うちはよくわかりません。多分あれだろう、みたいな
ヤンキースタジアムは1階席で右翼手がとても近い印象。ホームランで後ろのオジサンとハイタッチ、7回はボールゲーム歌を熱唱とアメリカンな球場の雰囲気を堪能
深夜0時なう。ヤンキースの一方的な試合になり、7回が終わって11対2だったのでスタジアムを後にし、地下鉄を乗り継いで23時頃無事帰船
3回を終わってヤンキース5−0でリード。金曜夜の開放的な雰囲気の中、野球の聖地で地元ファンと一緒にヤンキースを応援
ヤンキースタジアムなう。本日はインディアンズ戦。打席はジータ ー http://twitpic.com/59r99r
船尾で対岸のNJを見ながらランチ中。船旅はやはり贅沢。ジョギングから戻ったら大浴場が待っているのだから
ジョギングを終え本船に戻ると丁度全て入国審査が終わり、再乗船が可能になったと。いいタイミングだったが暑くて消耗した
セントラパークジョギング中。あついー http://twitpic.com/59k9id
予定通りNYピア88に着岸。いい天気。これから入国審査らしい。アメリカは面倒。指紋に顔写真ね、ハイハイ
マンハッタンに上る朝日 http://twitpic.com/59h9lk
NY入港中なう。前にマンハッタン、やや左に自由の女神、右には QM2 http://twitpic.com/59h4wn
6月7日、霧の多かった大西洋航海中久しぶりの晴天。気温も20℃近くまで上がり一気に明るい気分に。クルーズはこうでなくちゃ http://twitpic.com/58p76j
6月6日、本航海2回目の「海彦」へ。またも寿司ではなく黒毛和牛しゃぶしゃぶ。分量が少ないので足し肉を。ああ、美味しかった http://twitpic.com/58p4sy
6月5日の朝食。まだ本調子ではないのでコーヒーとシリアルとドーナツ。このドーナツはとても美味しいので、毎日食べずにはいられない http://twitpic.com/57fajj
6月4日、咳がひどくなって治りそうもなかったので、初めて診療室へ。処方薬を服用したら目に見えて良くなった http://twitpic.com/57f9k6
6月2日は欧州最後の港、レイキャビクに寄港。最高気温が6度ととても寒く、ジョギングまでしたら風邪気味だったのが本格的風邪になってしまった http://twitpic.com/57f7nk
最北端到達記念に、ウィンブルドンコートで夫とキャッチボール。23時過ぎに照明なしで新鮮。最北端でのキャッチボールとしてギネスブックに申請出来ないかな。そんなに甘くないか http://twitpic.com/54qbpb
ホニングスボーグ出港後の22時頃、飛鳥2はノールカップ付近で停船し白夜観測タイム。船長はスラスターで本船をぐるりと一周回す粋なサービス http://twitpic.com/54qb8y
通信衛星は赤道付近にあるから、高緯度になる程衛星のパラボラアンテナの仰角は小さくなるのだけど、ジョギング中にみかけたアンテナは下を向いていたような。恐るべし、北緯71度 http://twitpic.com/54qab6
欧州最北端の地、ノールカップのゲートウェイ、ホニングスボーグ港から15時半に出港したノルウェー湾岸急行船フッテンルーティンの「ノールカップ」。色がカッコいい http://twitpic.com/54q9op
それにしてもバルト海から喜望峰をまわってはるばるウラジオストクまで。バルチック艦隊はやはり無謀だったのでは。エアコンもなく10ノットちょいでは戦う前にヘトヘトに疲れるでしょう…
それにしても南はケープタウンからここノールカップまで、なかなか凄い航路だった
ノールカップは意外と暖かいんですよ、とはガイドの女性。メキシコ湾流があるからだとか。暖流偉大なり。季節の違いはあれどケープタウンの方が寒かった
ホニングスボーグには昼になってコスタ・デリチョーザが入港。 92700トンの美しい姿。アムステルダム発着とのこと http://twitpic.com/54761n
ノールカップ観光。ヨーロッパ大陸最北端の地。北緯71°10’ 21”に立つ。 http://twitpic.com/5433dt
ホニングスボーグ着。北緯70度59分。時折太陽が顔を出すので思った程寒くなく、現在8度とのこと。
行き足を止めたおかげて、普段は引き波で見られないフィン・スタビライザー(横揺れ安定装置)がくっきり。カッコいい http://twitpic.com/53qgf9
明日はホニングスボーグ。を前にして本船飛鳥2は昼過ぎから病人対応のため針路を陸よりに変えた。14時前には行き足を止めて待つことしばし。16時前に陸からの救命艇に病人を降ろしてまた北へ向かう http://twitpic.com/53qfb4
昨日から白夜。基本的には真っ暗闇で寝たい身にとってはちょっと辛いかも。今日は綺麗に晴れ渡ったので、真夜中の太陽を見るのが楽しみ http://twitpic.com/53qegf
今日の最高気温は11度。午後は日もさして暖かな中デッキを10キロ走破
フィヨルドクルーズしながらデッキをジョギングする贅沢さ。昨日の山登りがハードだったから止めようかと思ったけど走って良かった。終わったあとデッキで振る舞われていたホットワインを飲んでほろ酔い
本船飛鳥2は11時半頃ガイランゲルフィヨルドの一番奥に到着。両舷にそびえる絶壁や数々の滝は言葉では表せない美しさだった
してした?「していた」だっつーの。酔った
眠いが夫がパームコートでダンスの約束をしてした(のは夢か?)ので行かなくちゃ。明日はカイランゲルフィヨルドクルーズ。ネットの電波は届きにくいらしい
現在当地は21時半過ぎ。まだまだ暮れない太陽のもと、本船は外海を目指す。曇り空だけど
本日の出港は1930と遅め。その分午前はジョギング、午後は散策とゆっくりすることが出来た。でも1時間15分も走ってもの凄く疲れた。まだ19時前だけど寝そう
300クローネって4500円なんだもん
ベルゲン街あるき終了。物価が高くて目が点。消費税率が高いにしても高杉。結局何も買わなかった http://twitpic.com/52dn73
ゆっくり過ごすつもりが、朝食後は夫の意向でフロイエン山トレイルラン。ロープウェイ終点まで駆け上がりヘトヘトに。途中辛くて目が潤んだ
定刻にベルゲン着岸。7時に目覚ましかけたけど眠くて起きられなかった。ツアーの予定はないのでゆっくりブラブラするつもり
ストックホルムの海沿いのカフェで陽光を浴びながら食べた小エビのサンド。89クローネは何と1,500円近く。美味しかったけど物価高い http://twitpic.com/51yl3t
24日も終日航海。うねりが大きく風も強く、久々にデッキに出られなくなった。結構揺れる中、タップダンス教室無事開催 http://twitpic.com/51yimb
23日の20時過ぎに客船が見えた。この後彼女はしばらく後ろから付いて来て、翌日昼間も併走していた。MSCなんだけど、遠すぎて船名は読めず。誰かわからないかなぁ http://twitpic.com/51yhzt
ストックホルムの海沿いのカフェで陽光を浴びながら食べた小エビのサンド。89クローネは約1,500円。美味しかったけど物価高い http://twitpic.com/51yl3t
ヨーロッパは現在アスパラガスが旬。よく太った新鮮な白アスパラガスが美味しそう。本船ではワルネミュンデ寄港翌日に現地で仕入れたアスパラがメニューに並んだ http://twitpic.com/51ygdh
ストックホルムでは飛鳥クルーズ就航20周年記念の晩餐会があり、本クルーズの目玉のひとつだった。ノーベル賞授賞式の晩餐会と同じ市庁舎の青の間にて。 http://twitpic.com/51yfjh
現在17時25分。まだ高い太陽のもと、静かな水路をゆっくり進む飛鳥2。景色が綺麗過ぎる
16時ストックホルム出港。雲ひとつない快晴の中、本船は島を縫 ってそろそろ進む http://twitpic.com/513kpu
散策終了。オープンエアーのカフェで短い夏の貴重な太陽を浴びな がらランチ http://twitpic.com/511ths
ストックホルムの朝。今日も暖かくなりそう http://twitpic.com/50xvi6
足りなかったけど、青の間で過ごした時間は得難い体験。ノーベル賞を受賞した人達にしばし思いを馳せる。でも量子力学の英語が思い出せず少なからずショック
ディナーの内容は乾杯のシャンパン、前菜、白ワイン、メインの魚料理、デザートワイン、デザート、コーヒーというラインナップ。足りなかった
今晩は飛鳥クルーズ20周年記念で、ストックホルム市庁舎の青の間で晩餐会。2010年のノーベル賞授賞式のディナーと同じメニュー
ガムラスタン、ノーベル博物館に行った。近年日本人受賞者が多いのが誇らしい
下船。シャトルバスでストックホルム中心部に向かう。ちょっと雲が多くなってきた
ストックホルムに向け航行中。入港まであと1時間ちょっと http://twitpic.com/50fvhv
そして21時頃の夕日。絶妙のタイミングで沈み行く太陽の前をRORO船が右から左へ横切った http://twitpic.com/508ytf
20日お昼過ぎに遠く行き交ったプリンセス・クルーズの「エメラルド・プリンセス」。11万トンの美しい姿。客船って綺麗だなー http://twitpic.com/508yej
ベルリンからの帰りに見えた地平線に沈む夕日。日常生活では見られない水平線の夕日を見慣れると、地平線の方が価値あるように思えてしまう http://twitpic.com/508xz1
アマデアが着岸した先にいたドイツ海軍のフリゲート艦「ブランデンブルク」。ほどなく出港していった http://twitpic.com/508xag
ベルリン観光終了。昼食はチャイニーズ、夕食はドイツ料理(ただしバイエルン)となかなか食事が良かった。これから飛鳥2の待っワルネミュンデへ。3時間半かかるから、寝る
アマデアでインターネット接続の時間を買い過ぎ、こんな時間までネットをやるハメに。でもまた明日から飛鳥2の評判の悪い接続環境に戻るので、これもまた贅沢
2006年3月12日、アマデアのお披露目の日。このときたまたま横浜にいて見ることが出来たこのフネに、こうして乗船することが出来たのは幸せ http://twitpic.com/4zfq4g
本場ホルスタイン州の牛 http://twitpic.com/4zfnrn
運河通航の速度は自転車ぐらい。こうしてしばし併走する人達が http://twitpic.com/4zflm5
キール運河には橋のほか、何箇所にもフェリー乗り場があって無料で行き来出来るそう。この道の先に道みたいにフェリーが止まっていて、車が溜まったら反対岸に渡る http://twitpic.com/4zfklq
あー、美味しい!ビールは美味しいし、ハウスワインは無料と天国のようなフネだった http://twitpic.com/4zfi9u
でも何よりも嬉しいのは、ヴァイツェン(小麦)ビールがあったこと。パウラーナーやフランツィスカーナーの生が3ユーロちょっと
アマデアはドイツ船だけあって、新鮮な生ビールを満載。ベックスは500cc3ユーロ。
キール運河通航中。運河の入口で乗船したエンターテイナーによるローカルショーを楽しみながらそろそろビールを飲みたくなってきた。
ミッドナイト近くになり、流石に日はどっぷり暮れた。そろそろ寝なくては。やはり外国船のノリは日本船とは(かなり)違う感じ http://twitpic.com/4z07lx
本船の本日のショーは50年代のロックンロール。ステージの前で踊れるようになっていて、みんなで踊ろう!とステージから声がかかったので調子にのってロッケンロール! http://twitpic.com/4z070d
本船が飛鳥だった時代の名残。こういうのはドイツ人にとってエギゾチックでいいんだろうな http://twitpic.com/4z061q
アマデアの銘板。本船が飛鳥として建造されたことが書いてある http://twitpic.com/4z05ev
本船アマデアより早く出港した飛鳥2。自分の乗っている船を見送る得がたい体験 http://twitpic.com/4z04ig
アマデアは18時に当地を出港し、21時前に運河を過ぎて北海へ
何かのロックにいたのが、動き出した http://twitpic.com/4yy7lo
アマデアの出港時刻が16時半、飛鳥2が17時のところ、本船の予定が遅れ飛鳥を見送ることに。滅多に経験出来ない僚船(?)の見送り
アマデアなう
アムステルダムクルーズターミナルの眺め。天気が悪くいまいち http://twitpic.com/4ytg2w
アムステルダム着。小雨の残るどんよりとした曇り空。シャトルバスで駅前広場まで行ってブラブラする予定。午後にはアマデアに乗り換え
11時に着岸し、17時出港は慌ただし過ぎ。下船出来たのは12時過ぎだし最終帰船は16時だから実質4時間。折角のイギリスなのに勿体ない
イギリスに来たら紅茶も飲まなくては、と1ポンドでミルクティーを購入。こんな味だったかな http://twitpic.com/4yhdcp
そこで買った雑誌類。夫がイライラと待つ間、吟味を重ねて購入した3冊。フネ関係と、昔を思い出して「天文学」 http://twitpic.com/4yh9vw
当地の本と文房具屋の「WHSmith」。この店に入ってインクやらのにおいをかぐと、ロンドンで無茶苦茶勉強した日々を思い出す http://twitpic.com/4yh974
ドーバー城。30年前はタダだった(ように思う)入場料が13ポントもするというので行かないことに。観光案内所のお婆さんも「私も高いと思うワ」 http://twitpic.com/4yh7um
フェリーターナルにはP&Oフェリーの姿が。この旗がカッコいい。父がロンドンに駐在していた頃これでカレーまで行った http://twitpic.com/4yh6g6
ドーバーの白い崖。海からのこの眺めはなかなか見られない。入港が遅れカンタベリーツアーはなくなったみたいだけれど、ドーバー半日観光は催行されてた http://twitpic.com/4yh5dr
天気は曇り、寒々しいイギリスの空。右舷着岸したので、左舷のキャビンからちょうどドーバー城を望むことが。P&Oのフェリーも良く見える位置
ドーバーは潮流の強い時間は入港出来ないため、ホワイトクリフの前で2時間程沖待ち。狭い港内で船を回し、たった今着岸。
ドーバー入港が予定より3時間遅い11時に。昨晩のセーヌ川下りが川の逆流でスピードが出ず、パイロットステーション着が遅延。
当地は22時をまわりすっかり日が暮れた。こちらから岸は見えなくなったけど、向こうからは白い客船が見えてるだろうな。明日はドーバー、寝なきゃ
セーヌ川下り中。客船は目立つから道行く人が手を振ってくれる。 景色綺麗過ぎ http://twitpic.com/4y3ft2
無料のシャトルバスを待ち切れず、結局歩いて本船に戻った。昨日の午後と今朝のジョギング、昨晩の食事の帰りに続いて4回目の遊歩道。疲れた
ルーアンの中心部でカフェ。普通のコーヒーは1ユーロ30。陽光 を浴びながら、しばしフランス人の気分を味わう http://twitpic.com/4xz4fy
ルーアン駅にてしばし鉄道見学。これは近郊線と思われる http://twitpic.com/4xy1qz
ルーアンの老舗レストラン、ラ・クロンヌで食事。久々の本格フレンチは腹にずしりと。このレストランは1345年創業でフランスで一番古いのだとか。量は飛鳥の4倍はあったな。満腹なり
セーヌ川は蛇行を繰り返し、太陽が右に行ったり左に行ったり。ああ美しい。今ならモネになれるかも。 http://twitpic.com/4xg4j6
セーヌ川からの景色はまるで印象派の絵みたい。 http://twitpic.com/4xeoxb
セーヌ川なう。7時半頃河口に到着。現在は8時をまわり、たった今ノルマンディー橋をくぐった
5月12日は久々のフォーマル。この夜のコンサートは「栗コーダーカルテット」。誰この人達?と思ったら「ピタゴラスイッチ」の曲を書いた人たちだった。リコーダーの優しい音色は耳に心地よかった。
リスボンはヨーロッパのの外れにあるので、なかなか行き辛かったけど行ってみたかった場所のひとつ。街に溢れるポルトガル語はとても馴染み深い。英語より先だったし http://twitpic.com/4x74s3
帰船時刻の18時ギリギリに到着。前に停泊していたシーボーンソジャーンと記念撮影。先程ポルトに向け出港。。我々は30分後にルーアンに向け出港。
そしてイワシ。シンプルに塩味。この味に飢えていた! http://twitpic.com/4waixu
イワシ食べるため大衆食堂へ。まずビール。空きっ腹だったので一 気に酔いが… http://twitpic.com/4waevl
トラム観光終了。観光バスの入れない細い道を上ったり下ったり。1時間でリスボンのエキスをたっぷりと。
トラム乗車。本船ツアーのための貸切。わくわく http://twitpic.com/4w8cdk
リスボンはオプショナルツアーまで時間があったので、下船して散策に。サン・ジョルジェ城まで行くことが出来た。財布をすられそうになった。
入港予定より1時間以上早くリスボン着。絵のように美しい港。
5時にセネガルを出港し本船はリスボンへ。航路変更で予定外のアフリカはその一端に触れたに過ぎないがディープだった。写真はボられたTシャツ。いいや、これが少しでもこの国の役に立てば。 http://twitpic.com/4urapx
ダカール半日観光を終え、本船のプールサイドでのんびり。ダカールの印象は、ディープなアフリカ。民芸品一つ買うにも足元を見られないよう緊張。思い切り見られたけども。
予定通りセネガルなう。今までの寄港地の中で一番アフリカらしい雰囲気。年間に訪れる日本人は200人程度とか。
5月5日、寿司屋だとばかり思い込んでいた「海彦」に、しゃぶしゃぶがあることが判明。肉が恋しくなったので、インフォーマルの和食ディナーをスキップして、鹿児島黒毛和牛を堪能。 http://twitpic.com/4u4bdd
本船飛鳥2は5月3日午前、英領セントヘレナ島に接近。ナミビアを出た後、ダカールに向かうにしては針路が西だなと思ったらここに近寄るためだったのか。客船ならではのイキな計らい。 http://twitpic.com/4u49r6
土曜日は本航海2回目のフォーマルナイト。食事前にはアペリティフタイム、11Fのパームコートでカクテルやスパークリングワインが振る舞われた。タキシード率が高く、久々に華やかな雰囲気に。でも二回目の食事は人が少なくちょっと寂しい。 http://twitpic.com/4s2oax
ウォルビスベイをほぼ予定通り出港。日差しは強いけど空気はカラッとしていて過ごし易かった。いきなりドイツな印象深い場所だった。改めて世界は広いと思った。
ナミブ砂漠の端っこにて砂丘を体験。絶景なり。 http://twitpic.com/4r0tso
スワコプムンド観光終了。ドイツ人街でびっくり。ビールの醸造所まで。プーケットと言いドイツ人て思わぬ所に基地を持ってる気がする。
Dune 7 http://twitpic.com/4qzk9d
午後からはスワコプムンドへ。午前の砂丘ツアーはなかなか良かった
先程砂漠国ナミビアのウォルビスベイに初寄港。砂の港なのか狭い水路を入り、かなり狭いスペースでフネを回して着岸。オモテのクリアランスは最小で15メートル程度になっていた。
喜望峰を回り、フネの針路が北方向になったので、左舷の我々のキャビンから夕日が見えるようになった。水平線に沈むかと思った太陽は、その直前に遠い雲に隠れて見えなくなった。 http://twitpic.com/4qnpza
ケープタウン出港。これからリスボンまでまたネット闇に。岸壁を離れ向きを変える飛鳥2 http://twitpic.com/4q44nf
テーブルマウンテンを見ながらサラダ風茶そば。これこそが日本船の醍醐味 http://twitpic.com/4q308a
買い物終了。スーパーでワイン購入。ツマミとチョコ類も。船に戻るバスの車中より
このV&Aはビクトリアとアルフレッド。アルフレッドWHO ? と思ったらビクトリア女王の息子らしい。
さて、これから10時半の連絡バスでV&Aモールへ。帰りのバスは12時。9時のバスもあったけど、買い物嫌いの夫を12時まで持たすのは不可能、と短期決戦を選択。
ケープタウンの朝。綺麗に晴れた右舷にはテーブルマウンテン。ほとんどの人は半日ツアーに出かけたのか、閑散とした船内。 http://twitpic.com/4q19mx
現在当地は23時過ぎ。ペンギンと喜望峰の二本立てツアーはなかなかだった。喜望峰の国立公園では車窓から野生のダチョウやアンテロープの一種を見ることが出来た。明日14時出港はちょっと早いなあ…。
喜望峰なう。もの凄い強風、地の果てという感じ http://twitpic.com/4ps6rz
ボルダーズビーチにてアフリカンペンギンを鑑賞。思った以上に小柄。 http://twitpic.com/4pqxbz
オプショナルツアーでこれから喜望峰へ。出発時間変更で食事がなくなった他はルート変更なし。ペンギンも見られる予定。良かった
9時15分、ケープタウン港に無事着岸。午前出発のツアーはすべて午後出発に変更に。天気は回復し、日がさしてきた。 http://twitpic.com/4pnxmw
今、パイロットボートが港を出たと案内放送が。
うーん、パイロットはまだなのか?パイロットが乗船し、うまく着岸し、対面の入国審査が終わるまで早くても2時間ぐらいかかると案内放送があったので、オプショナルツアーの出発も遅れていく。珍しく1日ツアーを予約したのでやきもき。でもそれ以上に本船の関係者は大変だろうな…。
ナマナは本船専属のフィリピン人バンドの名前、今年の世界一周はスエズ・地中海ルートから喜望峰ルートに変更になったと2月下旬に連絡が。100人ぐらいキャンセルしたらしい。
風も強く、現時点では着岸出来るかわからない状況とのこと。気温は12度ぐらいとひんやり。雨で霞んでいるものの、ケープタウンはすぐそこなのにパイロットを待つしかない。
当地は午前8時前。昨晩から波が高くなり、速度を15ノットに落としたため、入港予定時刻が6時から8時頃に変更になった。
現在ケープタウン沖。7時半乗船予定の水先案内人がまだ来ない。仕方なく行き足を止めた飛鳥2。
今朝未明からまた揺れが復活。風も強くなり白波の立つ大きなうねりの中、本船はインド洋を進む。寒流に入り、急に気温が低くなった。明日朝にケープタウン入港。 http://twitpic.com/4phj1z
インド洋に沈む夕日。今日の日没は18時4分。久しぶりに西の空がクリアだったので美しい夕日を見る事が出来た。この夕日の先にはアフリカ大陸が。終日航海日はあと2日続く。 http://twitpic.com/4oixt1
晩は飛鳥2デッキディナー。直前の雨で会場はパームコートに変更。ナマナの演奏で最後は踊りまくり。このノリは飛鳥ならではかも。 http://twitpic.com/4non13
次港ケープタウンまでまたしばらく終日航海日が続く。
午前中はキュールピップ半日観光、午後は近場のモールを基点にローカルなマルシェを散策。途中から晴れて暑い中良く歩いた。
ポートルイスはちょっとマレーシアのペナンに似ていたかも。もと英領と言う意味で。インド系が多く、なんだか市場もアジアン。
インド洋では本船の南に居座っていた高気圧からの風の影響で大きなうねりがあり、3日間ぐらい結構な揺れ。プールも閉鎖。
モーリシャスのポートルイスなう。携帯がうまく通じず、ツィート出来なくて残念。現在最終帰船時刻の16時。またしばらく航海日が続く。
4月16日、17日とNHKワールドを受信出来ない海域にいたのが、今朝から受信復活。まる2日間船影ひとつない、インド洋をひた走り。 http://twitpic.com/4mhpzl
6日は飛鳥祭り。プールデッキは各地の祭りで盛り上がり。ラムネも振舞われた。わが阿波踊りチームもテンションが上がり、今までで一番の足捌きを披露。 http://twitpic.com/4mhpjp
南緯17度付近航行中。終日航海日は今日で8日目。ダンスにコントラクトブリッジと忙しい中、今日からウクレレ教室がスタート。これからハワイまでレッスンが続き、発表会もあるとか。CコードとC7コードを習得。
今晩は19時から飛鳥祭り。プールデッキで阿波踊り、よさこい、ねぶた、竿灯が大集合とのこと。踊り子を募集していたので、夫と二人阿波踊りの飛鳥連に応募。2回の練習を終え、本番を待つのみ。楽しみぃ。
今日は荒天。低気圧の影響で時々突き上げるような揺れが。インド洋をモーリシャスに向かって航海中。
ジャワ島から離れインド洋なう。パームコートでコーヒーを。 http://twitpic.com/4k7cf8
本船がスンダ海峡を通峡するのは初めてとのこと。朝食をとりながらジャワ島を遠望。
現在船時間は8時。ジャワ島とスマトラ島の間、スンダ海峡を通過中。インドネシア海域でi-mode。
次港ポートルイスまではまたネット闇。本船の接続は高いのは仕方ないとしても遅杉。
シンガポールでは約20年ぶりに蛯麺(ドライ&チリ)を食べることが出来て大大大満足。値段は3ドル50、前は2ドルだったなー
定時にシンガポール出港 http://twitpic.com/4jn1wo
船に戻ると隣の岸壁にアザマラ・クエスト。どこに行くのか尋ねた ら香港からベトナムを経てシンガポール着で明日下船とのこと。 http://twitpic.com/4jkot0
サンズ・スカイパークにて。20 ドルで屋上へ。ラッフルズ・プレイスを一望 http://twitpic.com/4ji9m3
ラッフルズ・プレイス停車中。21年前に出張で3ヵ月間暮らした思い出深い場所。 http://twitpic.com/4jhm9c
MRT(地下鉄)なう。マリーナベイに向かう。チケットは2ドル30セント、うち1ドルはデポジット。
シンガポールは現在7時半。そろそろリド・カフェに行くか。昨晩はNHKワールドの統一地方選速報を見ていたので、少々寝不足気味。もちろん不在者投票済み。票が死なないで良かった。
シンガポール着岸。係船作業に手間取るもようやくボーディングブリッジ開通。左舷の我々はセントーサ島が目の前。 http://twitpic.com/4jf8os
アルコールを含めドリンクがフリーだったので、ついピッチも上がる。本船の専属バンド、ナマナの演奏でダンスタイムもあり、とても盛り上がった夜だった。 http://twitpic.com/4iqgvo
本日飛鳥2はアジアンディナー。プールサイドでエスニック料理を楽しんだ。エスニック衣装でどうぞ、ということで夫は昭和の粋、クレープシャツにロイド眼鏡、麦わら帽と雪駄姿で「アジアと言えば日本だろう」。とてもウケて、記念撮影に応じたりしてご満悦。
風は日に日に暖かく、今日は気温25度。夫が忙しく予定を入れるので、あっと言う間に1日が終わってしまう。今日のディナーは中華。写真は南シナ海に沈む夕日。 http://twitpic.com/4hxi19
13時からは文科系科目、コントラクトブリッジ教室のオリエンテーション。初心者から中級者まで乗船しているので、クラスは二つ開講されそう。
ダンス教室はシンガポールまではお試しコースとかで、日に二回。今日は午前がブルース、午後がスクエアルンバ。昨日から始まってマンボとジルバを受講済み。
波照間なう http://twitpic.com/4hiup1
リド・グリルで焼きそば。黒豚バーガーだけでは足りなかった。今 日はディナー(和食)をスキップ。 http://twitpic.com/4hisbw
本船は石垣島を右舷後方、竹富島を横、右舷前方に西表島を見てます。写真は石垣 http://twitpic.com/4hid99
石垣島なう、年末合宿で走り込んだなあ!
宮古島をバッグにスカイデッキにて。日本は広い! http://twitpic.com/4hglv4
たった今、雑誌AZURさんの取材受けたなう。6月22日発売号の飛鳥2特集で掲載されるかも。恥ずかしながら雑誌でびう(予定)。
右舷に宮古島なう
波の音を聞きながら…、おやすみなさい
今回のクルーズは乗船客400ちょっとに対してクルーは470名とか。ラグジュアリー船状態で贅沢。
左舷に与論なう。今日はフォーマルナイトだった。一瞬の電波繋がりを逃さず書き込むべし!
屋久島に別れを告げ、針路は230度。携帯の電波が届かなくなるとツィート出来ず無言に。飛鳥2のネット接続は相変わらず共用PCで1時間5千円と高いし不便。
屋久島なう。屋久島の東から南にかけて沿岸を航行中。一昨年の秋 にぱしびで来たなーと思い出す。 http://twitpic.com/4h3pgo
洗濯中。急に暖かくなって来た。クルーは明日から夏服。前方には屋久島。針路を変え島を右に見て沿岸2マイルを航行予定。 http://twitpic.com/4h3hjy
新寄港地とオプショナルツアーの説明会@ギャラクシーラウンジ。シンガポールの後赤道を越えてまずはモーリシャスのポートルイスか、ふむふむ。予定外の行き先もまた楽しみ。
避難訓練中。鹿児島県沖なので電波が届く。前方には種子島 http://twitpic.com/4h28mq
宮崎県都井岬を右舷後方に見ながら航行なう http://twitpic.com/4h1kb5
ビール後は持ち込んだグローブでキャッチボールを最上階ウィンブルドンコートにて。今日から食事は遅番なので、部屋でしばしまっ たりと。贅沢過ぎる時間。 http://twitpic.com/4gts8l
もうすぐ友ヶ島水道なので電波復活。ビスタラウンジは私たち二人だけ、と言うか夫は気絶したので私一人で占有なう。
ビールなう。免税で小瓶400 円は高い気がする。 http://twitpic.com/4gt9rs
ブリッジ下船首付近にいます。行って来ま〜すノシ
神戸港防波堤を交しました。そろそろ見えるでしょうか。こちらからは明石海峡大橋が逆光ですがよく見えています。
ぱしびと行き交い http://twitpic.com/4gsu9r
白鳳丸奮闘中なう@神戸港 http://twitpic.com/4gsqdx
回頭中。川重まで200mから250m のクリアランス。風は3時12 メートル。気を遣うだろうなー http://twitpic.com/4gsp8c
神戸港にて。素晴らしい天気に恵まれて中突堤に停泊中。あと30分で出港。これからデッキ7でセールアウェイパーティー。いよいよ外航。張り切ってデッキをジョギングしたため、またも時間が足りなくなった。 http://twitpic.com/4gsfsh
間もなく中突堤着岸 http://twitpic.com/4gr9is
もうすぐ神戸港。昨日とうって変わって素晴らしい晴天。本船は微速前進中。入港予定は早まって13時半に。 http://twitpic.com/4gqzai
友ヶ島水道なう。左舷には淡路島の洲本
本船は既に潮岬をまわり現在和歌山沖。昨晩はショーにも行かずゆ っくり。国内沿岸は電波が届くので便利。夢のような旅がスタート し、夢じゃないかと思ったけど目が覚めても夢じゃなかった。 http://twitpic.com/4go7qs
2時間以上かかって部屋の片付け終了。段ボール4個と今日持ち込んだスーツケースとキャリーバッグは、無事キャビンの収納とベッド下の組み立て式クローゼット用収納ケース4個(持ち込み)に。食事は18時からで今日は1回制。
出港しました http://twitpic.com/show/thumb/4gdm90.jpg
大桟橋なう。乗船手続き前に飛鳥Uの姿を撮影。 http://twitpic.com/4gby0g
東海道線東京駅、まもなく発車。やっとここまでこぎ着けた…。
幸せな朝。ずっと夢見てたワールドクルーズへ優雅に出発…の筈が、時間が足りない〜。ジョギング割愛した方が良かったか。目標10時出発が、化粧未済。
世界一周クルーズの準備だいたい終了。今日は美容院に行ったり銀行に行ったり国際免許を取ったりとかなり忙しい日だった。明日は日中予定がないので、持ち物の最終チェックとシミュレーションを。
さきほど宅急便で荷出し完了。ダンボール4箱とベッド下収納用ケース(4個)、缶酎ハイ2ケースで料金8,850円。とりあえずこれで一息。日本船はアルコールの持ち込みに関して寛容なのが有り難い。
とりあえず明日発送出来そう。でもこれだけの荷物をちゃんと収納出来るのだろうか。いや、出来ないかも。当日運び込む分がはみ出そう http://twitpic.com/4eaxvb
103日間の旅のパッキングは想像以上に手強い。宅急便の締め切りは火曜日。間に合うのか? http://twitpic.com/4dz5pv
もうすぐ飛鳥U。11月に見学したのと同じ部屋で約3ヶ月の旅へ。部屋の掃除をしなくて良いのが夢みたい。